編む*寝る*縫う


アメリカ、シンシナティの暮らし
by eritsin69
プロフィールを見る
画像一覧

<   2005年 04月 ( 27 )   > この月の画像一覧

ついに真のセレブに出会いました。

このブログをはじめたことで、ほんとうにたくさんの人と知り合えたりして、すごく楽しいです。ニューヨークに住んでる人からは、私が知らない、本では知りえない情報を教えてもらったり、狆の友達とは、犬の話をしたり。ブログをはじめる前、ニューヨークには、趣味や興味が同じ人が回りにいなくて、話したいストレスがたまってました。でも、こうやって自分の思ったことをブログに書いて、コメントを残してもらったりブログランキングを見て、「こんなにたくさんの人が見てくれてるんだぁ」と思うと、それだけでも、ストレス発散になります。みなさん、ありがとう。そして、これからもよろしくね。
「ニューヨークに暮らしてる」って日本の友達に言うと、「セレブだぁ」と言われます。「それはちょっと、、、いや、かなり違うような」と思ってたけど、みんな、やっぱり全然違うよ。私は最近このブログのおかげで真のセレブに出会いました!!(ふふふん)その人は、人気イラストレーターの青木礼子さん。私のエキサイトブログにもリンクされてますが、礼子さんのブログはこちら
私が、REIKOさんのブログをたまたま訪れて、狆をそこに見つけて興奮してコメントを書いてたちょうどそのとき、レイコさんもたまたま私のブログに来ていて、コメントを書いて下さってました。偶然―。しかも、礼子さんの狆(梵天丸)もくぅと同じショートカット。そしてそしてなんと犬用のベッドも同じ!!すごい、すごすぎる、運命です、絶対。
すみません、私、礼子さんのことを知りませんでした。そのときから、ブログでいろいろ知り、「な、、、なんかすごい人なんでは、、?!」と恐れおののき。イラストレーターの方って、こう、なんというか、こう、ばーーーんと表舞台じゃないじゃないですか?(ほんとすみません、失礼で)でも、イラストって雑誌でも本でもあるとないじゃ全然違いますよね。その記事や本の理解、雰囲気、時には、おもしろいおもしろくないに、すごい影響を及ぼしてますよね。あまり頭がはたらかない時、文字よりもイラストだけを見てるときがあるし。礼子さんを知ってから、いろんな雑誌などをひっぱりだしてきて、イラストを眺めてると「重要だー」と実感。イラスト大好きになりそうです。このブログでも、写真で伝えられないこと、イラストで伝えればいいんだ。(ピン!!)もしかしたら、めちゃくちゃ下手な絵ですが、挑戦してみるかもしれません。やめた方がいいかな、、?
c0066898_1395080.jpgところで、REIKOさんのブログを訪れてみるとわかりますが、REIKOさんはニューヨークを拠点に活動してるイラストレーターさん。むちゃくちゃ美しい人です。(ぽっ。恋しました)本屋や雑誌、広告のイラストのほかにもREIKOさんのイラストのはいったバッグなどもあるんですよぉぉ。アーチストです、あぁちすと!!私は、早速紀伊国屋で「レイコさんのニューヨークスケッチ」という本を購入しました。レイコさんのお気に入りの場所や食べ物などなど、イラストで、楽しく紹介されてます。これを持ってまたマンハッタン中を歩くぞぉぉ!!(遊びすぎ?)レイコさんのイラストは、ニューヨークの雰囲気がすごく出てると思う。写真より伝わってくるし、私は好きだなぁ。ニューヨークを知りたい人、訪れる人、住んでる人、おすすめです。とにかく、1度、レイコさんのブログ、訪れてみてね。その魅力がわかるはず。
なんか、宣伝みたいになっちゃったけど、違うんです、私の感動を伝えたくて。かなり感動&興奮してます。そうそう、みんな、セレブってのはさ、私のうちがあるモーニングハイツじゃなくて、アッパーウェスト、アッパーイースト、ミッドタウンに住んでて、髪型もちゃんとしてて、(気づいてから美容院に行くようじゃだめ)、才能があって輝いててセンスがあって、優雅に暮らしてる人のことを言うんだよぉ。と、私は気づいたよ。やっぱりニューヨークだとさ、ウォール街で働いてるとかアーティストだとかファッション関係です、とかいう職業がいいよね。ミーハーすぎ?でもやっぱり憧れるよねぇ。。。

ブログランキングに参加してます。読まれた方、クリックしてね。”人気ブログランキングへ”ってところをクリックすると、1票投票されます。
c0066898_1426542.gif人気blogランキングへ
[PR]
by eritsin69 | 2005-04-30 13:16 | ブログで

仕事…すんの?>自分。

c0066898_12352624.jpgくぅが来ることが決まってからすぐ、うちのアパートの3個となりの部屋に住んでいる、旦那さんの職場の人に、「もったいない、働いたほうがいい」と勧められました。その人は、今、人をほしがってるというところに私を紹介してくれました。まったくこっちで働くつもりはなかったので、かなりめんくらいましたが、「まぁ、英語がこれだけできなかったら面接で落ちちゃうだろう」と思いつつ今のボスとの面接に行きました。思ったとおり、まったく通じず。ボスは発音がきれいでゆっくり話してくれるので、理解できるにはできたのだけれど、言葉が出てこない。あの、千と千尋に”カオナシ”ってでてきますよね?あれ状態です。まったく内容がないまま面接は終わりました。前に日本でラボで働いていたので、履歴書はよくて、何日かしてオッケーの返事が。信じられない、、、。私がボスだったら絶対とらないと思うけど。でも、くぅの事をすっかり忘れてました。私にとって犬ははじめてだったし、トイレのしつけとか最初が肝心って言われるから、「こりゃ、仕事はできないな」と思い、ボスに話に行きました。
「子犬がもうすぐ来るから、何ヶ月かしないと働けない」と、今から思うとなんてわがままなことをしたんだと思いますが、そんなことを伝えました。もう犬のことで頭がいっぱいで、アメリカで働けるっていう貴重な体験はどうでもよくなってたんだと思う。「お前、クビじゃー!!」と怒鳴られると思ったら、「いいよ」とあっさり。
くぅが来てからというもの、1日中くぅをじーーーーと観察して、「トイレか?」とちょっと感じるとだだだーっとトイレへ連れていくのを繰り返すと、ほんと1週間くらいで覚えてくれました。この1週間、今考えると笑っちゃう。ベッドルームでパソコンしながら、部屋に閉じこもって、パソコンの画面を片方、くぅを片方の目で同時に見てを1日中やりました。
これで、まぁ、働きはじめるかな、と思ってました。初めての子犬を置いてはかなり心苦しかったですが、犬を飼うためにもお金は必要だし。そして、ある日、旦那さんが「ローラーブレードをやろう」と言い出して。私、スケートとかローラーブレードとかあまり好きじゃないんですよね。まぁ、ローラーブレードは、スケートよりもいいけど。景色を楽しんだりできるし。ニューヨークはローラーブレードで道を走ってる人が多くて、まぁ、憧れる気持ちもわかる。というわけで、2組購入。ほとんど乗り気じゃなくやりました、日曜日に。あれ、ほんとなかなか難しい。Riverside Parkを一回りしたところで嫌になっておなかもすいたので、「そろそろ脱ぐかな」と思って止まりました。脱ごうと思ったら、ぱたっと倒れた!!両手を道路についたんですが、右のひじに激痛が走って。ローラーブレードをやっと脱いで家に帰りました。ずーっと尋常じゃない痛みで、こらえるのに大変でした。旦那さんは、「打撲だよ」って言うし、「そうかも」とも思って。でも、耐え切れなくなって、Emregencyへ。診察してもらう前に、いろいろ質問されます。これを痛くて頭まわらないのに、答えるのがとんでもなく大変。そして、看護婦さんが私を個室へ連れて入り、「旦那さんは外に出てください」と言われ。「何されるんだ?なんか食われる?!」と思ってたら、なにやらいろいろ質問をされました。「今まで旦那さんに暴力をふるわれたことは?」「夫婦関係はうまくいってる?」などなど。このひじの怪我、家庭内暴力ではないかの質問だったのですね。アメリカって家庭内暴力多いっていいますよね。大急ぎで大きく首を横に振りました。旦那さん、、、暴力振るわれるように少しでも見られたのかな、、?やさしそうな顔をしてる人ほど豹変するって言うし。
やっと診察へ。お医者さんは若かった。レントゲンを見て、「ここにヒビがはいってるね」といわれ、ギブス。災難だ、すごく災難でした。家に帰って即効私のローラーブレードを家の奥ーーーの方にしまいました。見たくない、こんなの。だって、この安売りのローラーブレードのおかげで、Emerfgencyで1000ドル以上もかかった!!全部の治療費あわせてたら大損だ。ローラーブレードなんて大嫌いだぁ。スケートも、もうわしゃやらん!!
何日かして、Emergendyではなくて、ちゃんとした(?)お医者さんへ。レントゲンを見て、「ここ、折れてるね。」。というではありませんか。「えぇぇ?!この前の人が指したところと場所違うし、しかも折れてるってぇぇ。」と一瞬かたまりました。あの研修医風のやぶ医者ぁぁ。誤診しても大事にならないことで命拾いだなぁ、、と内心思いましたが、まぁ、誤診されたところで、果たして訴えれるのか?私達の英語で。まぁ、それはよかったとして、これで、またボスに、「骨が折れて、あと何ヶ月かしないと働けない」と話さなければいけないことに。ローラーブレードでとはやはりいえませんでした。今度こそクビだと思ってたら、「いいよ。お大事に」と。「実は面接受かったけど、私は全然必要ではないのでは?」と疑ったほど快い答え。
今、もう働き始めて3年弱。あの後も何度かわがまま言ってますが、こんなわがままを受け入れてくれるところはないと感謝感謝。がんばって働くぞぉ。でも、こっちの人って、こんなの小さいくらい、理不尽なこととか言うらしいし。とんでもないわがままでもなかった?いやいや、やっぱりがんばるかな。

ブログランキングに参加してます。読まれた方、クリックしてね。
c0066898_1426542.gif人気blogランキングへ
[PR]
by eritsin69 | 2005-04-28 12:39 | 苦労

Dogswalk Against Cancer 2002

きのう、ニューヨークに来たばかりのころの写真を見つけました。結構楽しい写真もあったので、ちょっと紹介しよーと思います。「ニューヨークにやってきた時」のにもつけくわえときました。
狆にしよう、絶対そうしよう、と決めた後、どうにかして実物が見れないかと、ずっと考えていたところ、Dogswalk Against Cancerというイベントを発見。
c0066898_12102922.jpg
このイベントは、毎年5月に行われます。癌と戦う人間や動物のための寄付を目的としたイベントです。会場となるRiverside parkには、マンハッタンやその周辺のたくさんの犬が集まり、交流したり寄付のために何かを買ったり。私は、もちろん犬連れではなかったので、すごく寂しかったぁ。
c0066898_1284593.jpg
こういった犬のためのもののほかに、コンサートやミスニューヨークによる歌まで。これはかなり不思議だった。どうやってこの女の子は選ばれたんだ?そして、歌、あまりうまくない。まぁ、とても健康的な女の子って感じでかわいいけれど。
c0066898_1293616.jpg
この日はまだ5月なのに、ものすごく暑くて、犬のアイスクリーム屋さんは大繁盛。どの犬も一身になめまくってました。いったいどんな味がするんだろう。犬のアイスクリームだなんて、犬天国なニューヨークらしいですよね。アメリカ人は、ほんっとアイスが好きだから、犬にもって思ったんでしょうね。
c0066898_12123899.jpg
やっと狆を発見!!思い切って声をかけてみました。このときは、まだ来て3ヶ月。まったくもって英語ができず。思いっきり中学生な英語。声をかけるだけでも、好きな子に告白するみたいに、リハーサルまでしちゃいました。この狆。ほんっと狆らしいですよね。今のくぅと違って、飼い主の足のしたにじっと座って、おとなしくて殿って感じでした。こんな感じの雰囲気がすごく気にいって狆への思いがますます強くなったのでした。
でも、今考えると、今のくぅの感じと全然違う。くぅは誰か近づいてくると興奮しまくってるし。

ブログランキングに参加してます。読まれた方、クリックしてね。
c0066898_1426542.gif人気blogランキングへ
[PR]
by eritsin69 | 2005-04-27 12:20 | くぅ

Smudgyと出会うまで

大きな家具がそろってから、テレビや電気製品を購入。そしてマンハッタン中を歩きまわり、食器なども購入。食器は、安くてデザインがとても好きなCrate and Barrelでほとんど買いました。旦那さんも毎日ラボに行くようになり、だんだんと昼間やることがなくなってきました。
c0066898_12543634.jpg何かきっかけがあったわけではないんですが、急に「犬を飼いたい」と思うようになり、インターネットで何日も調べました。最初に飼ってみたいなーと思ってたのが、チワワ。理由は、やっぱり小さいこと。マンハッタンは、食べもの屋さん以外ならどこにでも一緒に連れていけるので、それにむいてる犬がいいと思いました。チワワのサイトや本を調べたところ、チワワは、寒さが苦手、とても甘えん坊というのがあり、他の犬種も見てみることに。人気のある犬の中で容姿としてとても好きだったのが、キャバリア・キングチャールズ・スパニエル。ちょっと抜け毛が多いのと思ったより大きいので、どうかなーと思ってましたが、インターネットで見つけたニューヨーク周辺のブリーダーに試しにメールを出してみまいした。返ってきた返事はあまりよいものではなく、、、。今、譲れる犬はいないというのは普通だけど、値段だけを書いてきたり。
紀伊国屋に行ってとりあえず日本の犬の本を立ち読みしに行きました。私は犬をまだ飼ったことはなく、おばあちゃんの家にいた柴犬のようなミックスしか触れた事もなかったので、犬の種類の多さにほんと驚きました。「室内犬と楽しく暮らす」という本の中に、顔のつぶれたパグやペキニーズ、ボストンテリアなどなど。自分は顔のつぶれたのが好きなんだ!!と自分発見しちゃいまいした。その中で、「これこそ!!」なのを見つけまいした。それが狆。狆の簡単な説明は、殿様にも愛された日本の座敷犬。何?殿様?なんか不思議な犬だ。この本によると狆の歴史は「八世紀の天平時代、朝鮮半島の新羅から日本の聖武天皇に献上された犬が、狆の祖先といわれている。その後日本で改良され、上流階級の人々にかわいがられ日本原産の犬としては最初の正解公認犬種。」日本犬って柴だけじゃなかったんだぁ。性格としては、「無邪気で温和。長い間殿様や貴族に飼われていたためかものごしも優雅。人間の言葉をよく理解する知性があり、攻撃性はほとんどない。プライドが高くておもちゃのように扱われるのがだめ」。そして体重3.2Kg程度。完璧!!さらにさらにいいことに、「体は丈夫。たいていの犬は湿気に弱いけど、狆は日本で改良されたので、日本の風土に適応できるたいしつをもつ。季節によって被毛は生えかわらない。きれい好きでトイレのしつけの覚えがはやい。「完璧なペットといえば狆」とこたえる人が多い」なんて素晴らしい犬なんだ!!しかもこれから赤ちゃんや小さな子供をもつ家庭にもむいているらしい。この犬だ、この犬しかない。かなり興奮して、家にもどってきました。
c0066898_1323353.jpgアメリカにはJapanese Chin Club of Americaというのがあり、そこにブリーダーの一覧があります。ニューヨークに近いブリーダーすべてにメールをだしました。すぐに何通かメールが届きました。やはりキャバリアの時のように、譲れる犬がいないというのや値段だけのメールが多く。その中で、あるブリーダーさんからのメールは彼女の家庭環境について、一緒にくらしているすべての狆について、ニュージーランドからの狆だということ、マンハッタンにもらわれていった狆についてなど、事細かに説明があり、「もうこの人から譲ってもらうしかない」と思いました。本当は、特に理由はなかったんですが、女の子と思っていたけれど、送ってもらった男の子の狆を見て、ズッキュンときて即決め。その後、ずっとメールを続けました。くぅの前の名前はSmudgy。「日本の女の子が日本の狆を飼うのはよくわかる」とも言われ。ブリーダーはニューヨーク州のRochesterというマンハッタンから飛行機で行くようなところに住んでいて、誰かが連れていくか飛行機で送るかなど問題もありました。結局、飛行機で送ってもらうことに。到着する日、朝早くラガーディア空港に迎えに行きました。なかなか着かなくてとても心配だったけれど、動物の窓口でそれらしきものを発見。空港の女の方がもうケージから出してたわむれてました。その人はシーズーを飼ってるらしく、狆を見てほれたらしい。はじめてみたSmudgyは写真どおり!!ちょっと震えててでも、好奇心旺盛で私達のにおいを顔中で一生懸命かいで。「もうぅぅ、早く連れて帰りたい」!!ニューヨークのタクシーはすっごいゆれるんです。Smudgy、酔っちゃって。
c0066898_132456.jpgでも家に着いたらすっごい元気。部屋中のにおいをかぎまくった後はリラックス。犬って慣れない環境で最初は落ち着かないもんじゃないのかしら?まぁ、とてもいい事だけれど。夜も夜鳴きもせず幸せそうにぐっすり。ブリーダーさんさみしがると困るからって入れてくれたぼろぼろの羊のぬいぐるみのおかげでもあるのかな?これからSmudgy、くぅとの新しい生活!!楽しみだぁ。

c0066898_2301892.gifチワワとキャバリアの写真はAKCより

ブログランキングに参加してます。読んでくれた人、ぜひぜひクリックしてねん。
c0066898_1426542.gif人気blogランキングへ
[PR]
by eritsin69 | 2005-04-26 13:05 | くぅ

家具を買わなくっちゃ

住むところは見つかったので、今度は、家具。日本の本屋さんで「ニューヨーク便利帳」を購入して、そこに書いてあるマンハッタン内の家具屋さんのすべてを回りました。マンハッタンの中は、ABC carpet&HomeとかSOHOにあるおっしゃれーな家具屋さんとかばかり。家具というと、20万円くらいのテーブルとか、何万円もする絵になるような椅子とかばかり。私は、日本で家具を買ったことないし、そればかり見てるとその値段が普通なんだと思ってくる。しかもちょっと「いいなーこれ」っていうのがあると、なんかつい買えるような気になってくる。そして、「このテーブルすごくいいねぇ。20万円くらいだし、買っちゃう?」みたいな、今考えたらあり得ないようなことを言うようになって。まぁでもそんなあわてて買うものでもないし、ベッドがまず最初だろう、と思い、旦那さんが職場の人に聞いてみたら、「IKEA」というニュージャージーにある家具屋さんが安くていいらしいということで、行ってきました。
c0066898_14225824.jpg無料のシャトルバスがマンハッタンから出ています。何もないのっぱらのニュージャージーを走るとでっかい建物が。とにかくでかい。このIKEAはスウェーデンで生まれ、もう60年。そして、世界31カ国に店舗を持つ超大型家具店。日本にもあるみたいですね。中に入ってみるととにかく何でも結構な種類あります。1周するだけでも、くたくた。でも、とにかくマンハッタンで見たお高い家具を見てきた私は、安さにわくわく。そして、北欧のデザインってとってもいいですよね。大好きです。2,3周して、家具を選んで紙に書き込んだんですが、「これ、在庫ない」と言われ。しかも、シッピングって、1回でいくらで、結構高い。なので、かなり迷ったけれど、もう一度来ることに。食卓の椅子4個は手持ちでもって帰りました。これがまた、マンハッタンの地下鉄にこれもって乗るとつらい。すごくつらい。後で考えると、「ここけちるなら、なんで20万円買おうとしたんだ?」と思うんですけどね。これを3回繰り返したんです、、、。ここまですると妥協したくなくて。このシッピングもいい加減なもんで、「何時に来るんですか?」と聞くと、「朝の10時から7時までの間に」と言われるし。そんなの答えになってないじゃぁん。
家具が着く日は、朝から夜まで待ちました。来たには来たんですが、このIKEAで買うと家具の部品ばらばら。すべて自分組み立てです。ほんっと大変だったぁ。「こんなの家具屋じゃなくて材料屋だよぉ」とぶつぶつ言いながらやりました。でも、これで家具そろいました。もう3年たつとあの時の苦労って結構忘れてしまうものですね。人間って素晴らしい。あのときは、「とにかく早く時間がたってほしい」って思ってたけど。ご飯も作れないしお店もよくわからないから、毎日外食かすぐ近くの日本のスーパーでのり弁だったし。毎日外食ってお金使いますねぇ。一生で一番散財しました。でも、これからきっといい生活が待ってるだろうと期待して。

ブログランキングに参加してます。読まれた方、クリックしてね。クリックしただけで投票になります。
c0066898_1426542.gif人気blogランキングへ
[PR]
by eritsin69 | 2005-04-25 14:24 | 苦労

ニューヨークにやってきた時。

最近、ブログのおかげで多方面に友達ができて、「ブログってすごい」って感動してます。狆の知り合いがどんどん増えてきてそれまたうれしい!!でも、、、「くぅとニューヨーク」っていう題なのに、くぅについてそういえば全然書いてないと気づき、これから何回かにわたってくぅのことについて書いていこうと思います。じゃあ、まずは、ニューヨークに移り渡った時あたりから。
c0066898_11152922.jpg私と旦那さんは2002年の1月にニューヨークに来ました。ニューヨークというところは、大学の時に旅行で1度来ただけ。もう何についてもわからず、かなり焦りました。最初に滞在してたのは、ウィークリーマンションみたいなところ。左の写真がそれ。見かけはとってもいいのだけどねぇ。ここは、旦那さんのラボのボスがとっておいてくれてました。その部屋は、ベッドとテレビと洗面所しかなく、キッチンはなし。旦那さんは、毎日朝から仕事に行ってしまって、でも、私は行くところもなく、部屋に閉じこもってました。ガイドブックもなかったから!!昼くらいになると、掃除のおばさんが来て、「何やってるの!!せっかくなんだから外にでて観光してきなさい!!」って怒られるし。毎日憂鬱。
アパートは、大学のハウジングオフィスで何個か紹介してもらって見に行きました。でも、どれもひどいものばかり。家具付の部屋で、でも、ソファアとかベッドのマットレスは、「絶対中になんか住んでるに違いない」な感じのもの。「こんなのに顔をうずめては寝れないー!!」と却下。あとは、1階でセキュリティのために窓に鉄格子がついていて、部屋にはまったく日の光が入ってこないもの。「犯罪なんかおかしてないのに、なんでこんな独房みたいなところにいなくちゃいけないんだ!!」とまたまた却下。なにせ長くて5年は住むところ。慎重になりました。普通の不動産にも言っていろいろ見せてもらいました。お隣のニュージャージー州にも行きました。そこは、マンハッタンと違って、車を持って生活するようなところ。アパートの部屋も広いんです。「いいー、ここいいー」って思っちゃって。でも、やっぱりマンハッタンに通うには不便だし、私は、ここに住んだら、何もすることがなくて、発狂するに違いないということでまたまたまた却下、もっと北ぁ方にも連れていかれたんですが、「こ、このアパート、階段が腐ってる、、そして部屋の鍵がドアを閉めてつっかえ棒みたいにする鍵!!あり得ない、、」ということで却下。途方にくれました。
そうこうしてるうちに1週間2週間過ぎて。毎日「明日、朝起きたら、日本に帰るって言おう」と心に決めて寝る感じでした。でも、なんとかなんとか過ごして。やっと前住んでたアパートを紹介してくれた。しかも、旦那さんの上司の力で。ありがたや。今までものすごくひどいところしか見てなかったので、もう豪邸に見えました。人間の目って素晴らしい。ハウジングオフィスの人、いい物件は、隠し持ってるらしいです。つまりはなめられたんですね、私達。
c0066898_1571180.jpg2週間半でやっと前住んでたアパートの部屋に引越しました。でも、引っ越したものの、何ひとつ家具がない。とりあえず掛け布団と毛布とバスタオルを買ってきて、シャワーを浴びてそれだけで寝ました。こんなサバイバルな生活は初体験。でも、悲しくなるよりも前に、疲労でぐっすり。人間、どんなところでも寝れるものです。とりあえず住むところ確保。
学んだこと。ニューヨークでアパート探す時は、ハウジングの人に、「持ってるもの、全部だせぇい!!」とやくざ風に言いましょう。

c0066898_1595536.gif画像は「ごくせん」からいただきました。

ブログランキングに参加してます。読まれた方、クリックしてね。
c0066898_1426542.gif人気blogランキングへ
[PR]
by eritsin69 | 2005-04-24 15:12 | 苦労

Mexican Restaurant

c0066898_1442884.jpg
ディナーに、メキシカンレストランの"Rosa Mexicano"にお友達と全部で4人で行ってきました。ここのアドレスは、61 Columbus Ave.(62nd Street)です。リンカーンセンターのすぐ目の前にあり、場所としてはとってもいいところ。行くと、すっごい人数が入り口で順番待ちをしていました。リンカーンセンターの前だけに、オペラ前の人達がちょっと食べたり、飲んだりするんでしょうね。順番を待つのに渡されたのが、昔あったポケベルのようなもの。順番が来ると、それが光って、ぶるぶる震えて教えてくれます。おもしろいですねぇ。
c0066898_147677.jpg

内装は、「メキシカン!!」といった感じではなく、ちょっとエスニックな感じだけれど、とっても凝ってました。2階へ続く階段の横の壁には、ちょっと見にくいですが、無数の人間がダイブしてるフィギュアがついていて、上から水が壁をつたって流れてます。こういうの好き。
c0066898_1491959.jpg

ドリンクは、マルガリータ。フローズンとロックの2種類しかなく、ソルト付かソルトなしを選びます。フローズンは、甘めなんですが、ソルトついてるとちょっと不思議な感じ。どちらも強かった、私には。でも、おいしかったですよ。最初に出てくるのが、メキシカン定番のタコスチップス。これにアボガドや辛いハラペーニョソースをつけて食べます。今まで安いメキシカンレストランしか行ったことがなかったせいか、あまりメキシコ料理やこういったのにいい印象がなかったんですが、やっぱり値段が上がると違いますねぇ、とってもいい美味でした。
c0066898_14143354.jpg

アペタイザーに頼んだのがメキシカンピザ。チーズが生地にはさまってました。これに、サワークリームとハラペーニョソースをぬって食べます。サワークリームとは!!初めての体験。なかなかあいます。ハラペーニョソースはタバスコみたいなもんですもんね、もちろんあいます。
c0066898_14165172.jpg

私がメインに頼んだのがこれ。チャーハンのようなご飯の上に、グリルした大きなえびがのっていて、周りにすっぱい野菜が添えられてます。(ちゃんと覚えてこいって?すみません、、、)
c0066898_14182515.jpg

2人頼んだのが、これ。トマトソースのボンレスのリブです。お肉がとっても柔らか。メキシコのお肉ってかんでも噛み切れないイメージ、、偏見ですね。すっごいボリュームでした。
c0066898_1420019.jpg

もう一人のお友達は、ラム。タコスの皮に包まれて来て、あけてくれます。これもとっても柔らか。メキシコ人、いや、メキシコ料理ごめんなさい、偏見でした、お肉が固いって。
c0066898_1422132.jpg

デザート。このスフレが一番の目的でした。お友達の一人が、新聞で見つけてこのスフレが紹介されてたんです。確かに、とっても繊細な甘すぎもないお味。お友達がいうには、日本のプリンは、こっちのスフレだそう。蒸すのがスフレみたい。そっかぁ、、知らなかった。

全体的に、メキシコ料理の私の中での評価、かなり上がりました。よかったよかった。おいしい!!好きです、メキシコ料理。

ブログランキングに参加してます。読まれた方、クリックしてね。
c0066898_1426542.gif人気blogランキングへ
[PR]
by eritsin69 | 2005-04-23 14:31 | 食事

人気ブログランキング

c0066898_14395072.jpg今日の日記はちょっとお休み。いろいろメニューがあるのに、ただただ書いてるだけなので、ちょっと勉強して、ブログ機能をフルに活用してみようと思って。だって、何人かの方にリンクをいれてもらったのに、私、何もしてないし、、、。
というわけで、とりあえず、人気ブログランキングに登録してみました。まぁ、とっても内輪なブログなので、人気になれるかどうかは、、どうかと思うけど。こんなことしてみるのもいいなーって思って。下のを押すだけで1票入るみたい。
このブログを見に来てくれた方、クリックお願いします。この人気blogランキングっていうのをクリックすると1票になる、、と思う。
c0066898_084363.gif”人気blogランキングへ”

今、ほんとブログをやってる人多いですよねぇ。私もその一人ですが、この人気ブログランキングを見るだけでも、「こんないっぱいやってる人がいるの?!」とほんと驚きますよ。それに、やっぱり上位の人のブログは読んでてとてもおもしろい。つい毎日発売の雑誌の楽しみなコラムみたいに毎日チェックしちゃいます。みなさんもここ、行ってみて、自分の好きな分野のブログをいろいろ見てみるととってもおもしろいですよ。
私の登録した北米で、いつも私が楽しみに見てるのが、アッパーウエスト発 ワンダフルライフinニューヨークセレブログ in New York。さすが人気ブログランキング上位だけあってとっても内容が充実。私みたく内輪な自己中なのでなく、みんなが読んでもおもしろいものになってます。見てみてね。そして、こちらのブログでもクリック!!
[PR]
by eritsin69 | 2005-04-22 14:45 | 日常

Mill

今日は、旦那さんの帰りが早かったので、暖かいし、外で食べることにしました。
c0066898_1254423.jpg

もうほとんどの人が春をすっとばして夏の格好。そして、うちの近くのレストラン達は、外で食べる人でいっぱい。中は嫌で、外の席が開くまで待ってる人もいました。
c0066898_12564087.jpg

やってきたのは、韓国料理のMill。うちからすっごく近いのもありますが、やっぱり私達日本人、風邪をひいた時や、肉とかポテトはちょっとぉ、、で、でも元気をつけたい時、などなどすごくよく利用させてもらってます。うちに遊びに来たお客さんともよく来ます。今日は、くぅを連れてきたので、外の席をとりました。
c0066898_12592619.jpg

ほとんどの韓国料理店では、前菜というか小皿にのったキムチやお漬物がただで出てきます。ここのMillは4皿だけだけど、もっとテーブルいっぱいにでてくる所もあるみたい。でも、なくなるとまたもってきてくれるし。そしてかなりおいしい。今回のは、キムチと黒豆と大根の葉のつけたのときゅうりの辛いの。汁物は、味噌汁です。て行っても、お湯に味噌がとけてるだけだけど。まぁ、Miso soupだからそれでいいのかな。
c0066898_1334669.jpg

ここのMillで一番有名なのが石焼ビビンバ。メニューには、Hot stone podとあります。あっつあつの石のおわんにご飯と具が入って、それをおわんに焼き付けながら混ぜる。とってもいい香りぃぃ。この石焼ビビンバは有名らしくて、いろんな雑誌で紹介されたと店にたくさん飾ってあります。あと、揚げぎょうざも有名。これもすっごくいい!!です。今日頼んだのは、シーフード石焼ビビンバと、キムチもやし石焼ビビンバ。いつもかなり定番。辛くてちょっとボリュームをって人は、キムチ豚石焼ビビンバもお勧めです。あと、チヂミとかサムゲタンも私達の定番。でも、もっといろいろ試してみよーっといつも思うのです。ほんとに今度こそ違うのを。
c0066898_139848.jpg

そして、おなかも満腹になり、ちょっと散歩しました。このMillがある通りは、周りが住宅地出し、大学もあるしでレストランがずらーっと並んでます。しかもかなりお手ごろ。桜も今は満開で、ほとんどの席が埋まってますね。これ、もんのすごく夜遅くまでやってるんですよ。
[PR]
by eritsin69 | 2005-04-21 13:12 | 食事

ストライキ

c0066898_13154376.jpgきのうくらいからまた(!!)始まったストライキ。多分きのうからだと、、。
このストライキはteaching assistantやresearch assistantの組合員が行ってるもの。彼らが主張するには、「自分達は、クラスを教えたり、大学生にアドバイスしたり監督したりしており、研究を行ってるような大学にとってはかかせない存在である」ということ。そして、なぜストライキをしてるかというと、「大学は45億ドルもの寄付金をもっており、New York Cityの中の最も広い土地をもつ地主のひとつ。そして、その学長さんは、年俸65万ドルなのに、自分達は年俸1万8000ドル。この額では、このニューヨークで、家族の生活どころか自分の生活も危ういから」というわけ。そのため、彼らは組合を求めていますが、まだ大学は拒否しているそうです。
それにしてもいつ見てもこのねずみ、こわいです。かなり怖い。前、オイスターバーのストライキの時、あったけれど、これよりももっともっと小さかった。こんな大きくなくていいのにぃ、、すごく景色が悪い。まぁ、そのためなんだろうけど。そして、ストライキをしている人たちは、太鼓や笛、何か音が鳴るものを持って、円を描きながら行進してます。彼らがどんな仕事をしているのか、いまいち詳しくはわからないのだけど、うーん、まぁ、でも確かに年俸1万8000ドルは、このニューヨークで暮らしていくのに、少なすぎると思う。でも、アシスタントだけだと、バイト?ということでは、、とも思うし。
でも、アメリカ人ってちゃんと自分の意見を主張して、話し合ったり、偉い人とかけあったり、そういう面は日本人も見習わなくちゃなーと思います。自分の価値、自分がしてる仕事の価値を主張して、訴えて。つい、雇われてるところにはいえないものですよね。ま、でも日本でしたら即クビ?面接とかでも、アメリカ人、「自分を雇ったらすごく得をする」っていうらしいし。すごい、、、。主張しすぎもよくないから、やっぱり日本人との間くらいがちょーどいいかな。
[PR]
by eritsin69 | 2005-04-20 13:18 | 食事
以前の記事
カテゴリ
お気に入りブログ
リンク
最新のトラックバック
Sumile(すみれ)-..
from NYC diary-街(まち..
とうとうSHABURIに..
from fujikoちゃん、New ..
ニューヨークの日用品屋さ..
from ニューヨーク・会計業界OLの日常
「一ヶ月の予約待ちだよ!..
from Bounding in Ne..
3月28日
from DELICIOUS NY
3月28日
from DELICIOUS NY
JUNOESQUE BA..
from double face-d
進化するアメリカの日本人..
from アメリカとビジネスしよう!
金太郎 @新橋 (ジンギ..
from 東京右往左往
きらく亭 @南麻布 (焼肉)
from 東京右往左往
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧