編む*寝る*縫う


アメリカ、シンシナティの暮らし
by eritsin69
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ:苦労( 3 )

仕事…すんの?>自分。

c0066898_12352624.jpgくぅが来ることが決まってからすぐ、うちのアパートの3個となりの部屋に住んでいる、旦那さんの職場の人に、「もったいない、働いたほうがいい」と勧められました。その人は、今、人をほしがってるというところに私を紹介してくれました。まったくこっちで働くつもりはなかったので、かなりめんくらいましたが、「まぁ、英語がこれだけできなかったら面接で落ちちゃうだろう」と思いつつ今のボスとの面接に行きました。思ったとおり、まったく通じず。ボスは発音がきれいでゆっくり話してくれるので、理解できるにはできたのだけれど、言葉が出てこない。あの、千と千尋に”カオナシ”ってでてきますよね?あれ状態です。まったく内容がないまま面接は終わりました。前に日本でラボで働いていたので、履歴書はよくて、何日かしてオッケーの返事が。信じられない、、、。私がボスだったら絶対とらないと思うけど。でも、くぅの事をすっかり忘れてました。私にとって犬ははじめてだったし、トイレのしつけとか最初が肝心って言われるから、「こりゃ、仕事はできないな」と思い、ボスに話に行きました。
「子犬がもうすぐ来るから、何ヶ月かしないと働けない」と、今から思うとなんてわがままなことをしたんだと思いますが、そんなことを伝えました。もう犬のことで頭がいっぱいで、アメリカで働けるっていう貴重な体験はどうでもよくなってたんだと思う。「お前、クビじゃー!!」と怒鳴られると思ったら、「いいよ」とあっさり。
くぅが来てからというもの、1日中くぅをじーーーーと観察して、「トイレか?」とちょっと感じるとだだだーっとトイレへ連れていくのを繰り返すと、ほんと1週間くらいで覚えてくれました。この1週間、今考えると笑っちゃう。ベッドルームでパソコンしながら、部屋に閉じこもって、パソコンの画面を片方、くぅを片方の目で同時に見てを1日中やりました。
これで、まぁ、働きはじめるかな、と思ってました。初めての子犬を置いてはかなり心苦しかったですが、犬を飼うためにもお金は必要だし。そして、ある日、旦那さんが「ローラーブレードをやろう」と言い出して。私、スケートとかローラーブレードとかあまり好きじゃないんですよね。まぁ、ローラーブレードは、スケートよりもいいけど。景色を楽しんだりできるし。ニューヨークはローラーブレードで道を走ってる人が多くて、まぁ、憧れる気持ちもわかる。というわけで、2組購入。ほとんど乗り気じゃなくやりました、日曜日に。あれ、ほんとなかなか難しい。Riverside Parkを一回りしたところで嫌になっておなかもすいたので、「そろそろ脱ぐかな」と思って止まりました。脱ごうと思ったら、ぱたっと倒れた!!両手を道路についたんですが、右のひじに激痛が走って。ローラーブレードをやっと脱いで家に帰りました。ずーっと尋常じゃない痛みで、こらえるのに大変でした。旦那さんは、「打撲だよ」って言うし、「そうかも」とも思って。でも、耐え切れなくなって、Emregencyへ。診察してもらう前に、いろいろ質問されます。これを痛くて頭まわらないのに、答えるのがとんでもなく大変。そして、看護婦さんが私を個室へ連れて入り、「旦那さんは外に出てください」と言われ。「何されるんだ?なんか食われる?!」と思ってたら、なにやらいろいろ質問をされました。「今まで旦那さんに暴力をふるわれたことは?」「夫婦関係はうまくいってる?」などなど。このひじの怪我、家庭内暴力ではないかの質問だったのですね。アメリカって家庭内暴力多いっていいますよね。大急ぎで大きく首を横に振りました。旦那さん、、、暴力振るわれるように少しでも見られたのかな、、?やさしそうな顔をしてる人ほど豹変するって言うし。
やっと診察へ。お医者さんは若かった。レントゲンを見て、「ここにヒビがはいってるね」といわれ、ギブス。災難だ、すごく災難でした。家に帰って即効私のローラーブレードを家の奥ーーーの方にしまいました。見たくない、こんなの。だって、この安売りのローラーブレードのおかげで、Emerfgencyで1000ドル以上もかかった!!全部の治療費あわせてたら大損だ。ローラーブレードなんて大嫌いだぁ。スケートも、もうわしゃやらん!!
何日かして、Emergendyではなくて、ちゃんとした(?)お医者さんへ。レントゲンを見て、「ここ、折れてるね。」。というではありませんか。「えぇぇ?!この前の人が指したところと場所違うし、しかも折れてるってぇぇ。」と一瞬かたまりました。あの研修医風のやぶ医者ぁぁ。誤診しても大事にならないことで命拾いだなぁ、、と内心思いましたが、まぁ、誤診されたところで、果たして訴えれるのか?私達の英語で。まぁ、それはよかったとして、これで、またボスに、「骨が折れて、あと何ヶ月かしないと働けない」と話さなければいけないことに。ローラーブレードでとはやはりいえませんでした。今度こそクビだと思ってたら、「いいよ。お大事に」と。「実は面接受かったけど、私は全然必要ではないのでは?」と疑ったほど快い答え。
今、もう働き始めて3年弱。あの後も何度かわがまま言ってますが、こんなわがままを受け入れてくれるところはないと感謝感謝。がんばって働くぞぉ。でも、こっちの人って、こんなの小さいくらい、理不尽なこととか言うらしいし。とんでもないわがままでもなかった?いやいや、やっぱりがんばるかな。

ブログランキングに参加してます。読まれた方、クリックしてね。
c0066898_1426542.gif人気blogランキングへ
[PR]
by eritsin69 | 2005-04-28 12:39 | 苦労

家具を買わなくっちゃ

住むところは見つかったので、今度は、家具。日本の本屋さんで「ニューヨーク便利帳」を購入して、そこに書いてあるマンハッタン内の家具屋さんのすべてを回りました。マンハッタンの中は、ABC carpet&HomeとかSOHOにあるおっしゃれーな家具屋さんとかばかり。家具というと、20万円くらいのテーブルとか、何万円もする絵になるような椅子とかばかり。私は、日本で家具を買ったことないし、そればかり見てるとその値段が普通なんだと思ってくる。しかもちょっと「いいなーこれ」っていうのがあると、なんかつい買えるような気になってくる。そして、「このテーブルすごくいいねぇ。20万円くらいだし、買っちゃう?」みたいな、今考えたらあり得ないようなことを言うようになって。まぁでもそんなあわてて買うものでもないし、ベッドがまず最初だろう、と思い、旦那さんが職場の人に聞いてみたら、「IKEA」というニュージャージーにある家具屋さんが安くていいらしいということで、行ってきました。
c0066898_14225824.jpg無料のシャトルバスがマンハッタンから出ています。何もないのっぱらのニュージャージーを走るとでっかい建物が。とにかくでかい。このIKEAはスウェーデンで生まれ、もう60年。そして、世界31カ国に店舗を持つ超大型家具店。日本にもあるみたいですね。中に入ってみるととにかく何でも結構な種類あります。1周するだけでも、くたくた。でも、とにかくマンハッタンで見たお高い家具を見てきた私は、安さにわくわく。そして、北欧のデザインってとってもいいですよね。大好きです。2,3周して、家具を選んで紙に書き込んだんですが、「これ、在庫ない」と言われ。しかも、シッピングって、1回でいくらで、結構高い。なので、かなり迷ったけれど、もう一度来ることに。食卓の椅子4個は手持ちでもって帰りました。これがまた、マンハッタンの地下鉄にこれもって乗るとつらい。すごくつらい。後で考えると、「ここけちるなら、なんで20万円買おうとしたんだ?」と思うんですけどね。これを3回繰り返したんです、、、。ここまですると妥協したくなくて。このシッピングもいい加減なもんで、「何時に来るんですか?」と聞くと、「朝の10時から7時までの間に」と言われるし。そんなの答えになってないじゃぁん。
家具が着く日は、朝から夜まで待ちました。来たには来たんですが、このIKEAで買うと家具の部品ばらばら。すべて自分組み立てです。ほんっと大変だったぁ。「こんなの家具屋じゃなくて材料屋だよぉ」とぶつぶつ言いながらやりました。でも、これで家具そろいました。もう3年たつとあの時の苦労って結構忘れてしまうものですね。人間って素晴らしい。あのときは、「とにかく早く時間がたってほしい」って思ってたけど。ご飯も作れないしお店もよくわからないから、毎日外食かすぐ近くの日本のスーパーでのり弁だったし。毎日外食ってお金使いますねぇ。一生で一番散財しました。でも、これからきっといい生活が待ってるだろうと期待して。

ブログランキングに参加してます。読まれた方、クリックしてね。クリックしただけで投票になります。
c0066898_1426542.gif人気blogランキングへ
[PR]
by eritsin69 | 2005-04-25 14:24 | 苦労

ニューヨークにやってきた時。

最近、ブログのおかげで多方面に友達ができて、「ブログってすごい」って感動してます。狆の知り合いがどんどん増えてきてそれまたうれしい!!でも、、、「くぅとニューヨーク」っていう題なのに、くぅについてそういえば全然書いてないと気づき、これから何回かにわたってくぅのことについて書いていこうと思います。じゃあ、まずは、ニューヨークに移り渡った時あたりから。
c0066898_11152922.jpg私と旦那さんは2002年の1月にニューヨークに来ました。ニューヨークというところは、大学の時に旅行で1度来ただけ。もう何についてもわからず、かなり焦りました。最初に滞在してたのは、ウィークリーマンションみたいなところ。左の写真がそれ。見かけはとってもいいのだけどねぇ。ここは、旦那さんのラボのボスがとっておいてくれてました。その部屋は、ベッドとテレビと洗面所しかなく、キッチンはなし。旦那さんは、毎日朝から仕事に行ってしまって、でも、私は行くところもなく、部屋に閉じこもってました。ガイドブックもなかったから!!昼くらいになると、掃除のおばさんが来て、「何やってるの!!せっかくなんだから外にでて観光してきなさい!!」って怒られるし。毎日憂鬱。
アパートは、大学のハウジングオフィスで何個か紹介してもらって見に行きました。でも、どれもひどいものばかり。家具付の部屋で、でも、ソファアとかベッドのマットレスは、「絶対中になんか住んでるに違いない」な感じのもの。「こんなのに顔をうずめては寝れないー!!」と却下。あとは、1階でセキュリティのために窓に鉄格子がついていて、部屋にはまったく日の光が入ってこないもの。「犯罪なんかおかしてないのに、なんでこんな独房みたいなところにいなくちゃいけないんだ!!」とまたまた却下。なにせ長くて5年は住むところ。慎重になりました。普通の不動産にも言っていろいろ見せてもらいました。お隣のニュージャージー州にも行きました。そこは、マンハッタンと違って、車を持って生活するようなところ。アパートの部屋も広いんです。「いいー、ここいいー」って思っちゃって。でも、やっぱりマンハッタンに通うには不便だし、私は、ここに住んだら、何もすることがなくて、発狂するに違いないということでまたまたまた却下、もっと北ぁ方にも連れていかれたんですが、「こ、このアパート、階段が腐ってる、、そして部屋の鍵がドアを閉めてつっかえ棒みたいにする鍵!!あり得ない、、」ということで却下。途方にくれました。
そうこうしてるうちに1週間2週間過ぎて。毎日「明日、朝起きたら、日本に帰るって言おう」と心に決めて寝る感じでした。でも、なんとかなんとか過ごして。やっと前住んでたアパートを紹介してくれた。しかも、旦那さんの上司の力で。ありがたや。今までものすごくひどいところしか見てなかったので、もう豪邸に見えました。人間の目って素晴らしい。ハウジングオフィスの人、いい物件は、隠し持ってるらしいです。つまりはなめられたんですね、私達。
c0066898_1571180.jpg2週間半でやっと前住んでたアパートの部屋に引越しました。でも、引っ越したものの、何ひとつ家具がない。とりあえず掛け布団と毛布とバスタオルを買ってきて、シャワーを浴びてそれだけで寝ました。こんなサバイバルな生活は初体験。でも、悲しくなるよりも前に、疲労でぐっすり。人間、どんなところでも寝れるものです。とりあえず住むところ確保。
学んだこと。ニューヨークでアパート探す時は、ハウジングの人に、「持ってるもの、全部だせぇい!!」とやくざ風に言いましょう。

c0066898_1595536.gif画像は「ごくせん」からいただきました。

ブログランキングに参加してます。読まれた方、クリックしてね。
c0066898_1426542.gif人気blogランキングへ
[PR]
by eritsin69 | 2005-04-24 15:12 | 苦労
以前の記事
カテゴリ
お気に入りブログ
リンク
最新のトラックバック
Sumile(すみれ)-..
from NYC diary-街(まち..
とうとうSHABURIに..
from fujikoちゃん、New ..
ニューヨークの日用品屋さ..
from ニューヨーク・会計業界OLの日常
「一ヶ月の予約待ちだよ!..
from Bounding in Ne..
3月28日
from DELICIOUS NY
3月28日
from DELICIOUS NY
JUNOESQUE BA..
from double face-d
進化するアメリカの日本人..
from アメリカとビジネスしよう!
金太郎 @新橋 (ジンギ..
from 東京右往左往
きらく亭 @南麻布 (焼肉)
from 東京右往左往
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧