編む*寝る*縫う


アメリカ、シンシナティの暮らし
by eritsin69
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

Babbo

やっとクリスマスも終わって、パーティーも無事すんで、ひと段落。NY交通ストライキは、木曜日に終わり、金曜日から普通に動き出しました。ひやひやしたよぉ。金曜日の夜から3日間パーティーだったので、まったくそれには影響はありませんでした。
土曜日の夜、24日、クリスマスイブ、この日は、夫婦でお祝いしました。行ってきたのは、Babbo。2006年のZAGAT Restaurant Survey NYCでは第3位。「ニューヨークのNo.1 イタリアン・シェフの呼び声が高い、マリオ・ボターリのレストラン。今年は昨年の7位から、一気にトップ3入りを果たしているけれど、彼の手打ちのパスタ料理を目当てにこのレストランを訪れるファンは多い。」らしい。予約は1ヶ月前から受付。そして、その1ヶ月前には電話して予約しないととれないほんと超人気レストラン。 11月24日、早速電話して予約とりました!!1ヶ月の間、Bounding in New Yorkのmariさんのブログを見て、mariさんがパスタテスティングをお勧めしてたので、「それにしよぉっと」なんて妄想をふくらませてました。
24日当日、最近ほったらかしにしてる自分をちょっと磨いて、いざ出発。お店は、ワシントンスクエアの辺り。
c0066898_14343197.jpg

結構見かけはこじんまりとしてて、すっごい華やかな感じではありません。でも、どんどんと人が入っていきます。コートチェックとバーのある場所は、満員電車状態。1階にはお店のど真ん中に大きいツリーがあって、バーのこみこみなのとは違って、ゆとりのある席の配置。どこかのページで、2階席が天窓があって落ち着いてていいとあったので、2階席を希望。2階は、1階よりもさらに落ち着いた感じ。カーテン、壁、テーブルクロス、すべて白で統一されていて、照明も程よくイタリアンのがやがやーっとした感じはあまりありません。
席について、注文しようともくろんでたパスタテイスティングを早速注文。パスタテイスティング、64ドルで、5種類のパスタと3種類のデザートが楽しめます。ワインが好きな人は、50ドルプラスでパスタ一つ一つそれぞれに、あったワインをだしてくれるのなんかもあったり。
(写真が悪くてすみません、、。パスタに夢中で、暗さまで考えずに撮ってしまいました。残念。でも、これから行くかもしれない人にはいいかも。やっぱり見かけの「おぉ~」って感じも必要だし。って前向きに考えてます。)
c0066898_1502373.jpg

1つ目のパスタは、Black Tagliatelle with Parsnips and pancetta。黒い平たいパスタで、ベーコンと、多分、芋のチップみたいのがのってます。これ、最高でした。しょっぱなから感動しまくってました。うぅ、、さすがパスタがニューヨーク1有名なだけある。日本のパスタともちょっと違う、家では絶対に作れないだろう芸術品。
c0066898_1511616.jpg

2つ目は、Baccala "Mezzalune"with Black Olive Butter。私は、メッツァルーナ(ラビオリを半月型にしたもの)の中にはいってるの、蟹だと思ってたんですが、、調べたら、Baccalaは、塩漬けにしたタラのことらしい。そっか、あれはタラだったのね。あまりラビオリってこってりしすぎてて食べないんですが、これはさらっといけまいした。きっと私の大好きなBlack Oliveのおかげね。でもでもやっぱりラビオリってボリュームがすごい。3個しかのってなかったのに。
c0066898_1512264.jpg

3つ目は、Garganelli with "Funghi Trifolati"。Garganelli というパスタをきのこと一緒にニンニク・オリーブオイル・パセリを使って料理したもの。ガーリックオイルってほんとおいしいですよね。このきのこもすごくいい香りで、ちょっと和風な感じもあり。
c0066898_1526287.jpg

4つ目は、Fernando's Pyramids with Passato di pomodoro。ピラミッド形をしたパスタで、中に、トマトのピューレがはいってます。もうこの辺りでかなりおなかが重くなってきました。ほんのちょっとしかないように見えて、パスタってほんとボリュームがある。「イタリア人、ここに来て、これだけを食べて足りるのかな?」なんていらぬ心配をしてしまったけど、充分です、ほんと。
c0066898_15275280.jpg

最後、5つ目はPappardelle Bolognese。Pappardelleというひらたい、広いパスタのボロネーゼ。かなぁりおなかがいっぱいなのもあって、重すぎた。最後にボロネーゼは。重いから最後なのかな?でも、Pappardelleというパスタは、日本では食べたことなくて、こっちでは結構食べるのですが、私は最近ちょっとはまってます。歯ごたえもあって結構好き。
ランキングをつけると、1>3>2>5>4かな。1のインパクトと感動が強すぎました、私には。でも、全体的に、とってもおもしろくて、楽しみながら、じっくり味わえました。このメニューはいい!!アメリカの有名なレストランとかって、アペタイザーとメインとってどんどんっと大きいのが出てきて、おいしいんだけど、特にメインなんて、3/1くらい食べて飽きちゃうんですよね。いろんな味を楽しめて、一つ一つのパスタについて、あーでもないこーでもないって会話してパスタに集中。大満足でした。
あ、あとでもまだ3つ、デザートがつくんです。
c0066898_15371129.jpg

とーっても小さいけど、とぉっても濃厚な、Pannna Cotta al Vincotto di Lampone。ソースが黒酢みたいな味で、結構刺激的。
c0066898_1540544.jpg

これまたちっちゃい"Tortina al Ciccolato con Meringa"チョコが濃厚で一気に甘い~世界。
c0066898_1543296.jpg

最後は、一人一人違うの。これは、Venetian Apple Cake with Yogurt Gelato。ヨーグルトのジェラートはまったく甘くなくて、もう最高!!ヨーグルト物には目がありません。アップルケーキは、、すみません、残しました。どうあがいてもはいりませんでした、おなかに。
c0066898_15462078.jpg

今考えて悩んでるんですが、これが、1個目のデザートのPannna Cotta al Vincotto di Lamponeなんじゃないかな、、と。メニューには、そのPannna Cottaが1個目にかかれてて、、。あぁぁ!!店員さんの言葉をよく聞いておくんだった。新しく何かが来ると、それに目を奪われて、店員さんを無視し続けてしまった。すみません、、。
今回、夫婦だけで有名レストランで食事するのははじめて。かなりいい思い出になりました。イブだしね、なにせ。いつニューヨークはなれることになるかわからないし。でも、このBabboに行ってから、かなりイタリアに行きたい。イタリア、どこのレストランでもおいしいって誰か言ってたし。ほんとおいしいんだろうなぁ。イタリアン、最高。
帰り、おなかが重くて重くて、歩くのが精一杯。「やっぱ家っていいぃ」ってつい言っちゃいました。おばちゃん化が進んでます。イブなのに、、、。
[PR]
by eritsin69 | 2005-12-28 15:23 | 食事
以前の記事
カテゴリ
お気に入りブログ
リンク
最新のトラックバック
Sumile(すみれ)-..
from NYC diary-街(まち..
とうとうSHABURIに..
from fujikoちゃん、New ..
ニューヨークの日用品屋さ..
from ニューヨーク・会計業界OLの日常
「一ヶ月の予約待ちだよ!..
from Bounding in Ne..
3月28日
from DELICIOUS NY
3月28日
from DELICIOUS NY
JUNOESQUE BA..
from double face-d
進化するアメリカの日本人..
from アメリカとビジネスしよう!
金太郎 @新橋 (ジンギ..
from 東京右往左往
きらく亭 @南麻布 (焼肉)
from 東京右往左往
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧