編む*寝る*縫う


アメリカ、シンシナティの暮らし
by eritsin69
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:日常( 57 )

薬屋

最近、少しばかり仕事がいそがしいんです。私、波に乗るとついのめりこんでやってしまうんです。まぁ、波にのるのはなかなかないけれども。しかも、結構イベントも多くて。っていっても飲みとかちょっとどっかでご飯とかなんですが。やっぱ春ですね。日本でも働いてる人は、新入社員歓迎、家族のいる人は、新学期だったりと、春はなにかといそがしい季節ですよね。
この前、病院で薬の処方箋をもらったんです。それで、土曜日にそれを近くのRite Aidっていうマンハッタン中どこにでもある薬屋さん&コンビニみたいなところに出したんです。大体、1時間くらいで用意ができるらしいんですが、まぁ、できたためしはない。なので、日曜日、旦那さんがちょっと寄ってくれたら、「保険のカードが使えない」と言われ、その日はだめ。「カード、使えない」この言葉、どんだけ聞いたもんか。前の保険の時は、行くたびにそうだった。まぁ、ここまでは、こっちが悪いのかもしれないし、全然いいんです。それで、ちょうどいいタイミングで、薬用のカードが送られてきました。って事はこっちが悪かったんだな、、、。
c0066898_14322060.jpgそして、今日、また行ってきました。そしたら、、、。なんと私の処方箋と薬がなくなったと?!なんてこった。そっから20分くらい待たされ、店員さんは黒人の女の人だったけど、すっごい大きい声で文句いいながら探してるし。「文句いうな、文句ぅ、そっちが悪いんだろー!!」と思いながらむかむかと待ってたら、やっと違う人が私の名前を呼ぶので、行ってみたら、あったらしい。ここで何か言わなくては、くやしすぎると思い、「何の問題があったの?!」と言ったら、すごい大きい声ですっごい近くで言ったにもかかわらず、無視。まったく聞こえないふり。しかも、にらんでる。とってもふくよかな顔に埋もれてるのに大きい目で、すっごいにらんでる。目が、「黙って、早く金払え」って脅してる。すごい、すごぎる、あのず太い神経。いつもながら感心します、特に中国人、黒人、メキシカンの女の人には。もうかなり慣れたけれど、やっぱどっと疲れる。私、ずっとここに暮らしてたらこうなっていくのかしら?そうなっても友達でいてくれる?
くぅは日向ぼっこ大好き。じいさんです。
[PR]
by eritsin69 | 2005-04-13 14:33 | 日常

保険

私が、週5日働くようになり、保険が変わりました。今までのは、学生用の保険で、まず何か気になる事があったら、Student Health officeというところに行って、診てもらわなくちゃいけないんです。それも、そこに来る先生ってあまりよくない、、、。私は、職業柄、手がよく荒れて、そのオフィスに行くんです。はじめて行ったとき、湿疹だと言われ、薬をもらいました。でも、治らないので、また行ったら、今度は、違う先生もいて、その人に、「これはね、湿疹ではないのよ」と教えているではないですか!!間違えるなーーー。あまりに信用ならないし、次に診てもらってもらった薬も効かないし。そんなわけでほんとよくないんです。それで、そのオフィスでは手に負えないと判断されると、病院や先生を紹介されます。そして、そこに予約をとって行くんです。すごい大変。2度手間です。まぁ、1段階目で、軽いのは処理し、次の段階は紹介なので、適切なところにいけるというのはいいのかもしれませんが。
でも、問題はまだまだあって、私達夫婦はなぜか行くたびに「保険の期限がきれてて、今、あなたは保険を持ってませんよ」と言われるんです。なぜ?!ちゃんとお金払ってるのに。それに、保険会社に請求が行くはずが、うちにきたり、エマージェンシーはすっごいお金がかかったり、、、。もう何かちょっとくらいなら医者になんか行くかーという気になってました。それに、英語でどんなところがどうだとか、医療用語とかすごい大変でした。
c0066898_1554023.jpgでも、新しい保険。これはまず、Primary Doctorというのを選びます。なんと、日本人がしかもマンハッタンにいた!!感動しました。日本人に診てもらえるなんて。Primary Doctorというのは、かかりつけのお医者さんみたいな感じで、まずその先生に診てもらって、専門的な病気とかは、他の専門の先生を紹介してくれます。しかも、その保険のお金の請求とかはその先生がしてくれるし、Primary Doctorをとおすと専門の先生にかかっても安いし、とってもいい。さっそく予約をとりました。東京海上記念診療所というところ。日本語で予約がとれる。それだけでも感動的でした。そして、今日、行ってきました。場所はミッドタウンにあり、とってもきれいなビルで、中も病院というよりもオフィス。受付の人はみんな日本人で、楽ぅ。そして最初に、書類を記入しますよね。いつもは、わからない単語とかあると辞書をみながらだったんですが、(糖尿病とかそういう単語)なんと、訳してあるサンプルがある!!すごい、楽すぎる。そして、選んだ先生は、とってもいい方でした。ちゃんと説明もちゃんとしてくれるし。ふつーのことなんですが、こっちの先生ってあまり丁寧にしてくれないから、、。それになにより、楽ぅぅ。よさそうな薬もだしてもらえました。はぁ、やっぱりお医者さんは同じような体や考え、な日本人が一番だぁ。しかも、オフィスで払うのは一人10ドルだけだし。病院、やみつきになりそうです。それもよくないか、、、。健康診断とかもしちゃおーっと。大満足。
[PR]
by eritsin69 | 2005-04-09 15:06 | 日常

meeting

今日は、本当にあたたかかった。ま、薄いセーターくらいでした。でも、お昼に外に出たら、日光に集まる生き物のようにたくさんの人が外で、しかも日光をさんさんと浴びてご飯を食べてました。日本ではあまり見られない光景ですよね?わからないけど、私があまり日光を好きでないので。紫外線っていうのもあるけど、まぶしいのがすごく嫌い。暗い人ですね、私。それにしても、今日、確かにあたたかかったけど、白のミニでノースリーブのワンピにサンダルは、まだどう考えてもありえないでしょぉ。まぁ、立派過ぎる二の腕と太ももは、このちょっと寒い風をものともしないんだろう、きっと。
仕事場では、週に1回ミーティングがあります。このミーティング、ノーベル賞受賞者の方も聞きにきます。こんなもんのすごく偉い人の前でその人の専門のことを話すなんて、私には、一生できない!!
今日の発表の子は、ニュージーランド出身の子で、話すのがすっごい早い上に、ちょっとなまりが入ってるので、調子にのりだすと、しかめっつらになるくらい集中しないと、何を言ってるかさっぱりわからなくなります。でも、そのもんのすごい人の前で、堂々と、緊張してる様子もなく、身振り手振りで、ちょっと笑いもあり、とってもいい発表でした。質問タイムも、すっごい人につっこまれたりするのではないかと、私の方がどきどきしてしまいました。無事に終わって、ほっとしましたぁ、私が。写真は、ミーティングが始める前に撮ったもの。発表する人は、チップスやジュースを用意するのが、ルールです。
それにしても、外国の方、特にアメリカ人って、発表や演説、本当にうまいですよね。そういうのがすごく下手なのって、アジア人?それとも日本人だけ?やっぱりアジア人かな。それは生まれつきなんですかね?それともやっぱり教育?アメリカの教育方法はよくわからないのだけど、演説の仕方みたいな授業はあるみたいですね。日本人も必要ですよね、そういうの。なんか、たいしたことない事でも、言葉ひとつ、話し方ひとつで、すごいことに変わったりするし。できない人は、すごく損をしますよね。時々、地下鉄の車両の中で、ホームレスの人、募金を集めてる人、宗教の人などが演説をするんですが、とってもリズミカルで、訴えかけてる感じ、間合いなどなど、いちいち感心してしまいます。「これだけで食べてけるよ。」と思っちゃいます。日本人は、日本語に強弱がないって事や、声が大きくないって事、、向かない点が多々ありますね。でも、これからは、アメリカ人を見習って、なんでも主張していかないと!!と感じます。ま、アメリカ人、なんでもちょっと主張しすぎだけどね。
[PR]
by eritsin69 | 2005-04-07 15:11 | 日常

玄関

前に撮ったアパートの写真を少しずつ紹介しようと思います。今日は、玄関。
c0066898_1340675.jpg玄関のドアは内側に開くようになってます。これ、日本だと、床より一段低くなってる、いわゆる玄関がありますよね。もちろんアメリカのアパートにはありません。今のアパートには、1年前くらいに引っ越してきたんですが、前のアパートは、ドアをあけてすぐキッチンでした。靴を脱ぐスペースもなくて、仕方なく、ドアの外で脱いでもらってたんです。でも、それ、やっぱりよくないですよね。お客さんにかなり失礼。でも、今のアパートは、幸運なことに、ドアをあけてから、2-3メートル廊下があり、その向こうにちょっとしたスペースがあります。ドアから2-3メートルのところにテープをひいて、玄関にしました。細かすぎる?!もちろん日本人のお客さんや、私達のよくしってる外国の方たちは脱いでくれます。でも、、、困るのは、修理の人。修理の人の靴って仕事柄、すっごいごっついブーツで、かなり汚れがひどいんです。これは、前の狭いアパートでよかったことなんですが、仕方なく、新聞をひいてその上を通ってもらってました。でも、今のアパート、長い廊下があるため、毎回そんなことなんかできず。一度、全面にひいたことがあったんですが、半分くらいで、むなしくなり、、、。それに、前に、「靴、脱いでもらえますか?」って頼んだことがあるんです。「嫌だ」と断られました。文化なのに!!でも、こういう事を頼むのはやめたほうがいいらしいです。ベッドに誘ってることになるかららしいのです。でも実はこれ、旦那さんが言ったんですよね。あの、ごっつい修理のおじさん、どう思ったのだろう?よかった、怒り出さなくて。でも、まぁ、ニューヨークはいろんな人種が住んでるから知ってるかも。
玄関を入ると、変に結構広いスペースがあります。このスペース、使えない。前の住人は、書斎に使ってました。でも、こんなところにパソコンおいて、ほとんどをここで過ごすなんてなんか、、、。それにしても、この分、家賃を払ってるなんてなんか使い道ないのかしら?
c0066898_13391712.jpgそして、このスペースと玄関にしたところの間に収納のドアがあります。これも、前のアパートはなかったんですよね。アメリカ人って、靴を玄関に置かないじゃないですか。だから、玄関に靴を収納するものはいらないんですよね。ほとんどの人は、寝室やその物置に収納するし。これにはかなり困りました、前のアパートで。前のアパートは、私一人、押し込めば入るくらいの収納しか玄関になくって、ここに靴を収納するのに、少なくとも半年は考えました。その後も何回か変えてみたし。結局納得できる収納はできませんでした。男物の靴、入らないし。
こんな風に思い返すと、アメリカってとこにはたくさんの事でなやまされたなぁと懐かしく思います。ま、今も修理の人には困ってるけれど。ここで靴をOKな部屋にすればいいのだけど、やっぱりそれ、根っからの日本人な私には無理です。みなさんもそうですよね?
[PR]
by eritsin69 | 2005-04-06 13:45 | 日常

夏時間

c0066898_12592580.jpgきのう、4月3日(日曜日)午前2時から、夏時間に変わりました。やっと、3年かかって、そういうのに慣れてきた感じです。今までは、夏時間、冬時間の変更でかなり失敗もやらかしました。3年…そんなにかかるもんだろうか、覚えるのに?やっぱりもう24年近くも日本方式で育ってきたのって大きいんだなぁ、と実感。それとももしかして覚えが悪いだけ?!
夏冬時間変更の失敗の例としては、おととしの10月、母親が遊びに来た時、ミュージカルを観に行ったんです。冬時間に変更になったとはまったく知らず、ミュージカルの会場に行ったら誰もいなくて、かなり待ちました。何かがおかしいと思って、受付に聞いたら、冬時間になったからと教えられ…。まぁ、それは1時間遅くなったからよかったものの、早くなってたら、ミュージカル、損するところでした。なんか大々的にわかる方法ってないんですかね?!絶対、たくさんの人がそういう失敗をしてると思うんですよね。まぁ、覚えればいいことなんですが。それと、テレビとかニュースとか新聞を見ればいいことなんですが。やっぱり、Yahoo japanニュースで情報を仕入れるだけではいい加減限界がありますね。
夏時間に変わるもう時期で、だいぶ暖かくなってきました。でも、まだコートは手放せないですが。ダウンは完全に卒業です。仕事が終わって帰ってきても、まだまだ明るいのがうれしいです。今日は日没が7時30分でした。なので、余裕で公園にくぅの散歩に行ってきました。いつも行くのは、リバーサイドパーク。近くに公園があると、すごくいい。ありがたや。公園は、暖かくなってきたし、何日かぶりの晴れで、走ってる人、犬の散歩をしてる人、遊んでる子供…と、公園もまだまだにぎわってました。芝もだいぶグリーンに、木も何か芽がでてきてるし、春です!!やっと。まぁ、もう4月だしね。くぅも、まただいぶ短い毛になり、軽やかな感じ。ゲイのカップルも、腕を組んで仲むつまじく、なんともほほえましい光景。こんなのどかな日に、腕を組んで楽しげに歩いてるなんて、うらやしい限りです。見てる私が幸せ。お2人に見とれてしまいました。
[PR]
by eritsin69 | 2005-04-05 13:01 | 日常

指圧

c0066898_1126248.gif今日は朝11時にChina townのFishion Herb CenterのFANさんに予約をとって、指圧をうけに行ってきました。ここは、金曜日に行った美容室のカオルさんに教えてもらったんです。「最近、肩こりがひどい」ってカオルさんに言ったら、ここを勧められて。腰痛や肌荒れもよくなるらしいですよ。すごい、指圧、万能ですね。
私は、2週間ほど前から、肩こりがひどくなって、1週間ほど前から頭痛がひどくなって、風邪かと思って、風邪薬を飲んだら、こんどは、胃痛、胸やけになって…。と、どうにもこうにもならなくなったので、ここでガツンと治しておこうと思って。また頭痛がしはじめたらラボに行けなくなって、薬をしょうがなくのんだら、胃痛みたいなことになると困るので。
ここ、Fishion Herb Centerは、中華街のよく私達が週末買出しに行くあたりにあります。ウェブでちょっと調べてみたところ、ありました。しかも、発掘あるある大事典でとりあげられてました。サイトはここ。Canal St.をまがって北にあがると左にすっごい狭くて小さい道があり、Fishion Herb Centerにつながってます。この道を通ってる時はちょっと不安。しかも、ドアを開けると、田舎ーの方のすっごい小さい薬局みたいな感じでカウンターしかなくて、何人か中国人のおじさん、おじいさんが座ってるんです。かなり不安になります。しかも、並んでるのは漢方薬だし。見かけが怪しい。カウンターで名前を言うと、FANさんが出てきました。個室に案内されて、部屋には、横たわる台と顔を置く、ドーナツ形のがあります。「きれいなところなんだろうか?」と心配があったのですが、それは全然合格です。さすが日本人がすすめるところだけある。FANさんに、「特にどこが、とかありますか?」と聞かれ、「首のすぐ上の頭の部分と首と肩と目」と答えると、そこを重点的にやってくれました。FANさんは、手が大きく、手の肉付きもよく、すごくあたたかい手で、ほんとーに気持ちよかった。しかも、強さや部分をよく聞いてくれて、丁寧だし、痛いって事はまったくありませんでした。そして何より、さすが中国人、ポイントをよく知ってらっしゃる!!「こんなところが?!」ってところが硬くなっていて、そこを丁寧に、しかも、すごいよい指さばきでほぐしてくれました。今回は、肩の辺りを重点的だったので、全身くまなくではなかったけれど、FANさんによると(すっごい自分でもわかった)、腰から下、足もすごいこってるみたいです。しかも、右だけ。あっれは痛かったぁぁ。今度は、ぜひ腰から下、やってもらおう。そして、60分で35ドル。かなり安いと思います。すっごい軽くなりました。そして、寒気とかもなくなって、頭痛ももちろんふっとびました。友達とか旦那さんにも紹介しなくっちゃ。そして、ニューヨークに来て、歩き疲れたりしたら、ぜひよってみてくださいね。
[PR]
by eritsin69 | 2005-04-04 11:27 | 日常

犬占い

今日は、ニューヨークは台風なので一歩も家から出ませんでした。窓から見てると、猛烈な雨と風で傘が壊れてる人が結構いました。こっちの人っていっつも思うのですが、雨の時、ほとんど傘をさしません。みんなフードかぶるくらい。やっぱり乾燥してるから?!それとも全然気にしてないだけ?洋服とか。
そして、家を大掃除しました。12時から8時までずっっっと掃除、洗濯でした。あぁ、、自分で感心。やりだすまではだらだらして、なかなかやりはじめられないのですが、はじめると止まらなくなるんです。たくさんの物も捨てて、かなりすっきり!!
夜は、暇なので、いぬ占いc0066898_14482732.gifをしてみました。私は、キャバリア·キング·チャールズ·スパニエル。おぉ!!むちゃくちゃいいじゃないか。実は、狆を決める前、これにしようと思ってたんです。でも、ちょっと大きいのと、抜け毛がすごいというので断念したんです。でも、性格とか見かけ大好き。それに、狆は別名、ジャパニーズ·スパニエルといわれるくらいで、スパニエル族なんです。いやいや、いい、とてもいい。それで、基本性格はというと、、、おだやかな雰囲気を持っててまわりを安心させる人?!うーん、ちょっと違うなぁ。でも、「責任感が強く、がんばり屋。組織のなかで大事な役割を果たすようなタイプ。リーダーや主役になるタイプではないですが、はずすことのできない大切な脇役タイプ。」ここはあたってるかもしれない。私の仕事ってこんな仕事だし。昇進もしたからきっと、多分、、大切な脇役になれてるんだと思うし。ふむふむ、それで、あとは、「そんなあなたはときどく自分がいやになることがあります。でも、翌日には戻る」、、、当たってる!!すごく当たってる。
そして旦那さんのは、マルチーズ。話し上手で女をおとす、、らしい。あたってるかも。いや、すごく当たってる、、。そして2人の相性は、93%!!すばらしいじゃないか。
c0066898_14484534.gifそれにしても、このページのイラストの狆。むちゃくちゃかわいい。なんでこんなかわいいのに、メジャーじゃないんだ?!このむしゃっと下に集まった顔!そして、きわめつけはこのまったくどこを見てるかわからないただただ大きい目!!最高です。でも、このキャバリア·キング·チャールズ·スパニエルと狆、同じ族だとは思えないが、、、。狆、かなり犬ばなれしすぎてる、異質すぎる。
[PR]
by eritsin69 | 2005-04-03 14:49 | 日常

美容院

c0066898_15162082.jpg今日は、3ヶ月ぶりに美容院に行ってきました。ニューヨークには、たくさんの日本人の美容院があります。本にのってるだけでも24個もマンハッタン内にあるんです。選ぶのも大変なくらい。来たばかりの時は、違うところに行ってたんですが、くちこみで見て、もう半年以上「Manish」というところのカオルさんにお願いしています。写真がその美容院。ミッドタウンの東よりにあって、美容師さんは女の人がほとんど、、うーん、全部かな、、です。小さいところなんですが、とてもきれいで、カオルさんも他のスタッフの方達もとってもいい感じで、いつもいつも丁寧にしてくれます。プロセスは、普通の日本の美容院と同じ。カウンセリングして、シャンプーして、カット、あとはマッサージしてくれます。
c0066898_15164979.jpg今日は、髪型がもっさりしてきて、ハリーポッターのスネープ先生のようになってしまったので、(前にもそんなことが、、似てるって事か?!)行ってきました。今はちょうどショートカットから伸びてきたくらいなので、やっぱり3ヶ月に一回くらいはいかないと、サーファーみたいになっちゃうんです。、
今日は、Weekdayな上に、予約をお昼にとったので、全然人がいなくて、私一人でした。それがすごくよかったぁ。いつものことなんですが、会話もすごく盛り上がって、大体エステのこととか、「こんなの嫌い」とかそういう話なんですが、とてもリラックスでした。最後にマッサージも、「肩こりが最近ひどくてぇ」と言ったら、すごく丁寧にながぁくやってくれて。カオルさんは、スタッフのみんなに勧めてるっていうチャイナタウンのマッサージの場所まで教えてくれました。今度行くんだ!!今日、してもらった髪型がこちら。最近は、黒髪好きでカラーリングを全然してないんです。前髪を作ってもらって、すごく軽くしてもらって、頭が軽いです。
[PR]
by eritsin69 | 2005-04-02 15:18 | 日常

昔の写真(送別会)

c0066898_1533689.jpg今日も昔の写真の紹介。去年の冬、すごくお世話になった方がワシントンに引っ越すことになり、そのお別れ会がありました。彼は、お医者さんで、私が包丁で爪をそいでしまった時や、夜、緊急でなんかあった時、すごく助けてくれたんです。こっちのお医者さんってすごいんですよ。薬の処方箋を家で書いてくれて、薬局に電話するだけで、薬がもらえるんです!!すごい、お医者さん。日本ってそういうのないですよね?確か。あ、あと、私の仕事も紹介してもらったんです。いやぁ、ほんと、お世話になったぁ。
お別れ会は、旦那さんの働いているところのボスの家でやることになり、アメリカのホームパーティーらしく、みんな何かを持ち寄りするんです。そこで、旦那さんと2人で、すごい大作を作りました。3時間くらいかかったかなぁ。確か。それがこの写真。右半分がライスボールで、右から、パストラミとチーズ、スモークサーモン、プロシュートハムで巻いたもの、多分。そして、左半分がてんぷら。にんじん、いんげん、なす、じゃがいも、しいたけ、だったと思います。こんな大作をいれるのがなかったので、近くのピザ屋さんで箱をもらってきました。そして、ブロンクスへ出発。
c0066898_11292867.jpgブロンクスへは、地下鉄で一本、40分くらいかな、かかりました。ブロンクスは、危険地帯もあり、超高級住宅地もあります。 ボスの家は高級住宅地。ちょっと迷ったけれど、着いたら、なんと、ちょっと小高い丘の上に白いでっかい家が。門はあの、よくあるギーってあくようなのでした。
家、ほんと広いんです。パーティーは40人くらい集まったんですが、キッチンにみんな余裕で入れます。くつろげます。そのときは、この家、2回目だったんですが、家の中ツアーをしました。みんなで「行こうー!!」って事になって。暖炉とピアノがある部屋、チェロとかが置いてあって、楽器を弾く部屋、子供部屋いくつか、ユニットバスは6個くらいありました。そして、写真は、玄関のすぐ横にある部屋。日本の家で言うと、スリッパが置いてあったりしてセールスマンを対応したりするスペースみたいなものです。それがこんな部屋!!「この部屋だけでもいい、住むの。」と思ってしまいます。
[PR]
by eritsin69 | 2005-04-01 15:10 | 日常

The Incredibles

c0066898_14371690.jpgきのうの夜、DVDを借りて、夜遅くまで見てました。それも、ずっとなくてなくて、借りれなかった待望の"The Incredibles"。最初、ラボの男の子に聞いた聞いたときは、「え?ディズニーアニメ?いまいち、、」って感じだったんですが、プレビューとストーリーを見て、すっごく見たくなって。
日本でもやる?やってる?みたいですね。ホームページはこちら
いやぁ、おもしろかったです。こういうの大好きです。もう27歳だけど、わくわくしました。絶対に字幕で見るのをおすすめします。とても声もいいんですよぉ。c0066898_1439385.jpg私だったら、ヴァイオレットのパワーがほしーなー。でも、キャラクター的に好きなのは、もちろんエドナ·モード。
将来の子供のために久しぶりにDVD買っちゃおうかなぁ。なんてそんな気持ちにさせる映画でした。すっごくすっごくお勧めです!!
[PR]
by eritsin69 | 2005-03-29 14:41 | 日常
以前の記事
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2008年 10月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 11月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
カテゴリ
お気に入りブログ
リンク
最新のトラックバック
Sumile(すみれ)-..
from NYC diary-街(まち..
とうとうSHABURIに..
from fujikoちゃん、New ..
ニューヨークの日用品屋さ..
from ニューヨーク・会計業界OLの日常
「一ヶ月の予約待ちだよ!..
from Bounding in Ne..
3月28日
from DELICIOUS NY
3月28日
from DELICIOUS NY
JUNOESQUE BA..
from double face-d
進化するアメリカの日本人..
from アメリカとビジネスしよう!
金太郎 @新橋 (ジンギ..
from 東京右往左往
きらく亭 @南麻布 (焼肉)
from 東京右往左往
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧