編む*寝る*縫う


アメリカ、シンシナティの暮らし
by eritsin69
プロフィールを見る
画像一覧

昔の写真(送別会)

c0066898_1533689.jpg今日も昔の写真の紹介。去年の冬、すごくお世話になった方がワシントンに引っ越すことになり、そのお別れ会がありました。彼は、お医者さんで、私が包丁で爪をそいでしまった時や、夜、緊急でなんかあった時、すごく助けてくれたんです。こっちのお医者さんってすごいんですよ。薬の処方箋を家で書いてくれて、薬局に電話するだけで、薬がもらえるんです!!すごい、お医者さん。日本ってそういうのないですよね?確か。あ、あと、私の仕事も紹介してもらったんです。いやぁ、ほんと、お世話になったぁ。
お別れ会は、旦那さんの働いているところのボスの家でやることになり、アメリカのホームパーティーらしく、みんな何かを持ち寄りするんです。そこで、旦那さんと2人で、すごい大作を作りました。3時間くらいかかったかなぁ。確か。それがこの写真。右半分がライスボールで、右から、パストラミとチーズ、スモークサーモン、プロシュートハムで巻いたもの、多分。そして、左半分がてんぷら。にんじん、いんげん、なす、じゃがいも、しいたけ、だったと思います。こんな大作をいれるのがなかったので、近くのピザ屋さんで箱をもらってきました。そして、ブロンクスへ出発。
c0066898_11292867.jpgブロンクスへは、地下鉄で一本、40分くらいかな、かかりました。ブロンクスは、危険地帯もあり、超高級住宅地もあります。 ボスの家は高級住宅地。ちょっと迷ったけれど、着いたら、なんと、ちょっと小高い丘の上に白いでっかい家が。門はあの、よくあるギーってあくようなのでした。
家、ほんと広いんです。パーティーは40人くらい集まったんですが、キッチンにみんな余裕で入れます。くつろげます。そのときは、この家、2回目だったんですが、家の中ツアーをしました。みんなで「行こうー!!」って事になって。暖炉とピアノがある部屋、チェロとかが置いてあって、楽器を弾く部屋、子供部屋いくつか、ユニットバスは6個くらいありました。そして、写真は、玄関のすぐ横にある部屋。日本の家で言うと、スリッパが置いてあったりしてセールスマンを対応したりするスペースみたいなものです。それがこんな部屋!!「この部屋だけでもいい、住むの。」と思ってしまいます。
[PR]
by eritsin69 | 2005-04-01 15:10 | 日常
以前の記事
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2008年 10月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 11月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
カテゴリ
お気に入りブログ
リンク
最新のトラックバック
Sumile(すみれ)-..
from NYC diary-街(まち..
とうとうSHABURIに..
from fujikoちゃん、New ..
ニューヨークの日用品屋さ..
from ニューヨーク・会計業界OLの日常
「一ヶ月の予約待ちだよ!..
from Bounding in Ne..
3月28日
from DELICIOUS NY
3月28日
from DELICIOUS NY
JUNOESQUE BA..
from double face-d
進化するアメリカの日本人..
from アメリカとビジネスしよう!
金太郎 @新橋 (ジンギ..
from 東京右往左往
きらく亭 @南麻布 (焼肉)
from 東京右往左往
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧